全身脱毛すると体臭が?その原因とは

せっかく全身脱毛できれいになったのに、体臭がきつくなってしまっては悲しいですよね。なぜ、全身脱毛が体臭悪化の原因となり得るのか、その原因は大きくわけて2つあります。まずひとつめに、脱毛の際に使用したレーザーやフラッシュにより皮膚が発汗刺激を受けたという場合です。刺激を受けたことで汗をかきやすくなり、臭いが気になると言うことです。しかし、これは汗自体が臭くなった訳ではないので、デオドラントケアを今まで以上に気を付ければ大丈夫です。また、全身脱毛により発汗刺激を受ける人は稀なのであまり心配しすぎることはありません。2つ目の原因は、脱毛したことで、毛穴に皮脂が詰まりやすくなった場合です。全身脱毛をするという事は、これまで毛穴に生えていた毛が無くなると言うことです。その空いている穴に皮脂が溜まり、詰まってしまうのです。さらに、詰まった皮脂を放置しておくことで酸化してしまい、体臭の原因となるのです。このケースは多くの人に起こり得ます。これを防ぐためには、全身脱毛後はそれまで以上に体を洗う際にしっかり汚れを落とすように心がけることが大切です。よくボディソープを泡立てて、気になる部分は特に丁寧に、優しく洗いましょう。体毛には汗を吸着させて遠くまで臭いを飛ばす働きがあるので、本来全身脱毛をすることで体臭が気になるようになるのではなく、むしろ汗が溜まりにくくなります。なので、2つのポイントに気をつけさえすれば心配はないでしょう。