学生が銀行カードローンを利用する場合

教科書代や学費、飲み会やサークルのイベントなどで何かとお金が必要となる学生。最近ではカードローンを利用してお金を借りる方も少なくありません。カードローンには消費者金融系と銀行系がありますが、銀行系は比較的審査が厳しく、融資が受けられないケースがあります。一方で金利が低く、すでに普通預金口座を持っていれば審査で優遇されるなどのメリットがあるサービスでもあります。
メリットとデメリットの両方を兼ね揃えている銀行カードローンですが、共通しているルールは2つ。20歳以上であることと安定した所得があることです。これらの条件を満たしていない限り借り入れすることは難しいでしょう。安定した所得というのは高額ではある必要はありません。月10万円でも構いませんし、それよりも少額であったとしても借り入れできる可能性があります。ただ未成年の場合は両親の同意書が必要となるので、利用の際は気をつけてくださいね。
キャッシングサービスを利用する場合は、融資先をしっかりと比較する必要があります。中には学生不可としているサービスもあるので注意が必要です。大手のサービスなら基本的に問題ありませんが、中小の消費者金融は悪徳業者のケースもあるので、できることならTVCMをしているような会社がオススメとなっています。中でもレイクなら最大180日間の無利息サービスを受けられるので学生の方にオススメ。アルバイトでも融資可能としているので借り入れを検討している場合は是非一度試してみてくださいね。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら