第6回ドクター座談会 レポート

11月26日、第6回医学会キッチンドクター座談会を開催しました。

本日は早稲田大学院 ナノ・ライフ創新研究機構 研究院教授 矢澤一良先生より分子レベルの栄養学についてお話していただきました。

私たちの日本の健康を支えてきた日本食の代表でもある海の幸にクローズアップしてオメガ3(不飽和脂肪酸)の宝庫のクリルオイル(南極オキアミ)やサーモンなどに含まれるアスタキサンチン、紅茶に含まれる抗酸化物質テアフラビンなど基礎的な分子栄養学の観点から、矢澤先生ご自身や最新の研究を踏まえ大変わかりやすくご説明していただきました。

医学会キッチンの会場には小さなお子様をはじめ老若男女問わず沢山の方が足を運んでくださり、座談会の中では「血管美人」という機械を用いて実際の自分の毛細血管の様子をみながら血管の健康度をみたり、白鳥製薬さんより協賛していただきオメガ3やビタミンミネラルなどのサプリメントや矢澤先生の本(5000円相当)のお土産がありました。

また各セミナーごとでかわるスペシャルランチ(本日のメニューは矢澤先生のお話にもありましたオキアミやサーモンを中心として、おきあみカレー、医学会キッチンオリジナルブレンド米を使用した発芽発酵玄米、キングサーモンマリネ、パワーサラダ、食後紅茶と米粉とアサイーの完全グルテンフリーのシフォンケーキ)をお召し上がりいただきました。

オメガ3やアスタキサンチンなどが豊富な魚介類を積極的に摂取することで脳機能の向上、生活習慣病予防をはじめとする健康維持、活性酸素を減らし美肌や体重増加の抑制など美容での観点からも大変優れた効能について改めて勉強することができました。

今日の食生活からすぐ実践できる情報が沢山あり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

矢澤先生本日は誠にありがとうございました。

医学会キッチン